Ubiko救助するには!

2007年3月 2, 2007 静電気による | コメントを残す
下に提出 ロボット, テクノロジー

Ubiko Robot遅かれ早かれ, まるで火災用スプリンクラー製造業企業の事業のうちになりそうだ. Kyushu University and the Kanazawa Institute of Technology teamed up with a ロボット manufacturer known as tmsuk to develop a robot that can detect smoke when there is a fire.

Ubiko, これは、開発されたロボットです, さ 60 キロと 112 センチメートルフィギュアロボット. この設定を具体的には煙と灰を検出するための嗅覚センサーが. テストでは、九州大学で行わあり, Ubikoが自由にその車輪の上に移動. デモでは, ロボットのヒューマノイド型の4つの部屋を歩き回っ, 1つの香水のにおいを, 1、ニンニクのにおいを, 1たばこのにおいを, その無臭された1つの部屋. Uibko, ときに、煙が充満した部屋を通過する可燃性の領域として、部屋を特定し、安全に無線メッセージを送信.

不運にも, the robot is certainly not some iRobot that’ll be able to squirt water out and close down a fire except for sending alert messages to the security when its red light goes bing-bing.

If such a robot can be further improved, I honestly do feel that such robots (if it is affordable) will play a major role in preventing fire. Kiyoshi Toko, an electronic engineering professor at Kyushu University said that these robots will in the future be able to detect subtle smells that humans can’t. The sooner it becomes a reality, I’m sure that the better it will be.

At least I’ll know who’s a smoker or not if they ever come in to my office!

[を介して Pink Tentacle]




トラックバック/ピング (トラックバックURL)

Related Posts関連記事:

コメント

名前 (必要な)

Eメール (publihedされません) (必要な)

ウェブサイト

話すあなたの心